Dolphinの 毎日、ごきげん! from 横浜元町


天然成分にこだわるエステサロン・『Aroma Dolphin』オーナー、Dolphinの日記です。 詳しくは「はじめに」をご覧くださいませ☆
by aroma-salon
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
検索
人気ジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

カテゴリ:Happy News( 122 )


【募集】 水道局見学ツアー♪

f0046151_15552360.jpg


驚くほど暑い日が続いていますね・・・!!
みなさま、お元気にお過ごしでしょうか?

私は先日、うっかり貧血を起こしてしまいました。
いけませんね。 健康管理が大事ですね。。。

みなさまもどうぞお気を付けを・・・!

---

さて、水道局見学ツアーのご案内です。

以前、アトピーのお客様から

「水道水の塩素が悪いらしい」

というお話をお伺いし

当店通販部門:
アトピー・敏感肌の方にお勧めしたい天然100%コスメを集めたお店
【Natural Dolphin】
でいろいろ調査してみたところ、

たしかに日本の(横浜の)水道水は諸外国の4倍ちかく残留塩素があり、
その濃度は「プールの塩素濃度」として認められている最低レベルの濃度である

ことが分かりました。


水道局の方も、もちろん、おいしい、安全な水を市民に提供したいと思って日々がんばってくれているはずで、

なぜこんなことになっているのか、とても不思議に思いました。


そこで、水道局に見学をお申し込みいたしました。

今回は一般のお客様も一緒なので突っ込んだ質問はしない予定ですが、
一緒に行きたい方がおられましたら、ご一緒しましょう♪

----
★日時:
8月25日(火) 13:30~16:00
※遅刻・早退不可

★場所:
西谷浄水場と横浜水道記念館
(横浜市保土ケ谷区川島町522番)
※相鉄線「上星川駅」下車徒歩15分または相鉄線和田町駅下車 相鉄バス 「浄水場前」下車

★内容:
ビデオによる施設紹介、沈でん池やろ過池の見学、模擬沈でん実験など

★待合せ:
西谷浄水場 ロビー
※私も初めて行く場所なので、当日微調整させていただくかもしれません。

★料金:
無料
※参加資格は18歳以上でお願いいたします。

★お申込:
メールでご連絡ください。

【宛先】
info@aroma-d.com

【件名】
水道局見学 参加希望

【本文】
・お名前
・電話番号(当日連絡がつくもの)
・携帯(スマホ)メールアドレス(当日連絡がつくもの)

※なお、メールは info@aroma-d.com から発信いたします。
受信設定のご確認をお願いいたします。

※お申込みに対する返信をご連絡いただいた携帯(スマホ)メールアドレスに返信いたします。
2~3日経っても返事がない場合は、念のため、こちらに再度ご連絡いただけると幸いです。

----

ではみなさまのご参加を、楽しみにお待ちしております♪

---
物事にはいろんな側面があります。
いろんなことを判断するためにも、多方向からの情報収集に務めたいですね♪
by 
アトピー・敏感肌の方にオススメしたい天然100%コスメを集めたお店・【Natural Dolphin】

[PR]

by aroma-salon | 2015-08-08 15:56 | Happy News

家族にできる、マッサージ教室

f0046151_2242559.jpg


こちらではあまりご案内していなかったのですが、
最近、ひょんなことでお知りになったお客様から「行きたい~!」とのお声を時々いただくので、

「もしかしてみなさん、ご興味ある??」

というわけで、念のため、ご案内です。

『家族にできる、マッサージ教室』

--------

本日お客様からいただいたお声は

「(ご高齢のご両親など)家族にマッサージしてあげたいんだけど、
 習ったことがあるわけじゃないし、
 探してみたら、なんか、『サロン開きませんか?』的なプロを目指すものばっかりだし。

 そこまでしたいわけじゃないけど、
 自分の体のことをよく知っておきたいし
 家族にもしてあげられればいいな、と思うし。」

なるほど。
そういえば、以前もそんなお声をいただきました。。。

その方には個別にご案内を差し上げたのですが、
もしかして、他にもそんなご要望の方がおられるのでは?というわけで、こちらでもご紹介してみました。

『家族にできる、マッサージ教室』 (← しつこい!? ^_^;)

--------

これ、もともとは私のサロン(Aroma Dolphin)で一般の方向けに開催していたのですが、

*Aroma Dolphin
http://www.aroma-d.com/


2011年から私が東北ボランティア団体・JILCA(ジルカ)を主宰するようになり

*JILCA
http://www.jilca.org/


JILCAはガテン作業(いわゆる、屋外作業)のほか、
仮設の談話室等でマッサージやカフェ(傾聴)などの活動を行っていることから、
自然療法の国際総合学院・IMSI様と提携して、
IMSI様の講座としてご提供させていただいているものです。

*IMSI様
http://www.imsi.co.jp

--------

内容は、全部で、2種類あります。

※ちなみに、ここでは一般の方用にわかりやすくするために「マッサージ」という言葉を使用しますが、「マッサージ」という言葉は正式には国家資格の「あんま師」資格所有者の行為を指しますので、専門性の高いIMSI様では「マッサージ」という言葉は使わず、「ほぐし」「タッチセラピー」などの言葉が使用されています。
その旨ご了承くださいませ。

--------
【1】
『イスで行う全身ほぐしセラピー』 (通称:イス・マッサージ)
http://www.imsi.co.jp/course/skill/chair.html

イスに座っている方に対して、首・肩・背中・腰・腕・足(ふくらはぎ)のマッサージができるようになります。

人の体の骨の構造や筋肉などについて学んだ上で施術するので、
単なる肩もみとは違う、
よりレベルの高い施術ができるようになります。

こちらは素人の方でも1日で習得が可能です。

現在、

・10/4(日)
・10/7(水)

の2回が設定されています。
(どちらか1回の受講でOKです)

---
【2】
『フロア(床)で行う全身ほぐしセラピー』 (通称:全身マッサージ)
http://www.imsi.co.jp/course/skill/floor.html

こちらは、床に着衣でうつぶせに寝た方に対し、
全身マッサージができるようになります。

首・肩・背中・腰・腕・足(裏面)・足の裏 が対象です。

腰や膝などが悪くてうつぶせに慣れない方のために、
若干、横向けで寝た状態での施術方法も行います。

ちょっぴり、頭のマッサージも入ります。

こちらも、骨や筋肉等についても簡単に学んだ上で施術に入ります。

こちらは範囲も広く、技術も多いことから、
一般の方用(初心者向け)には3日コースが設定されています。

普段オイルトリートメントをしていて「床・着衣・ドライハンドでの施術方法がわからない」という方用に経験者コース(1日コース)もありますが、
こちらはプロ(またはプロレベル)の方でないと難しいと思います。

基本をきちんと学んだ方が「使える技術」が身につくので、あまり無理をしない方がいいです。

・・・実は、こちらは正直、ちょっと、ハードなんです。。。
初心者用は3日コースですが、3日だと、結構、ハードなんです。。。
(私が言うのもナンですが。。。)

「それでもがんばるわー!」という方であればもちろんWELCOMEですが、

普段、人様の体に触り慣れていなくて、「でも、マッサージを学びたいなー」という方でしたら、
できれば「イス・マッサージ」からデビューしていただく方が確実だと思います。

ちなみに日程は現在、

(初心者用)
・9/16(水)、9/30(水)、10/21(水)  ※3回で1セット
・11/15(日)、11/29(日)、12/20(日) ※3回で1セット

(経験者用)
・9/10(木)
・10/25(日)

のそれぞれ2コースが設定されています。

-----

お申込・詳しくは、IMSI様にご連絡いただけると幸いです。

マッサージは一生ものの技術です。
特に、「最初にどのように習うか」は重要です。

単なる手の動かし方を習うか。
それとも、体の仕組みや目的をわかった上で、施術を習うか。

もし、「マッサージを学んでみたい~」と思う方は、ぜひいらしてくださいね。
お待ちしております❤

-----
ホントはAroma Dolphinのオイルトリートメントの方法も教えてあげたいところなのですが、
当店の施術はお客様お一人おひとりに完璧に合わせこむ施術方法なので
ちょっと、定型化して、「こうです!」とお教えするのが難しいんですね。。。
悩ましいところです。(笑)
by 天然100%にこだわる旅気分の隠れ家アロマエステサロン・【Aroma Dolphin】
[PR]

by aroma-salon | 2015-07-23 22:46 | Happy News

「今すぐ下っ腹をなんとかしたい!」 方へ

f0046151_2153234.jpg


「今すぐ下っ腹をなんとかしたい!」という方に
ぜひお勧めのご案内です。


『夏までに、酵素でらくらくダイエット』
http://www.natural-d.net/hpgen/HPB/entries/46.html

今話題の「酵素」で実際に15kg減量に成功した、
ファスティングマイスター学院 渋谷北支部長の小島あり彩さん
をお招きしての酵素&酵素ファスティングセミナーです。

実際に私も試してみましたが、
たしかに3日で下っ腹がぺったんこ!になりました。

ファスティングですが、専門家の指導の下、正しく行うと
意外にお腹は空きませんでした。

7月中のお申込みで、早割特典あり、です♪

--------
●セミナー概要

【内容】
・酵素について
・あなたの体内酵素チェック
・ファスティングについて
・ファスティング診断 ~あなたに向いているファスティングは?~
・ファスティングの正しいやり方
・質疑応答

※ご希望の方にはセミナー終了後、あり彩先生から直接個別カウンセリングを受けることも可能です。(詳細下記参照)

【日時】
2015年8月9日(日)
11:15~12:45 (開場 11:05)

【場所】
Natural Dolphin セミナールーム2
(横浜市中区/駅から徒歩1分)
※詳細はお申込者様に個別にご連絡させていただきます。

【持ち物】
筆記用具

【受講料】
◎7月末までにお振込の方: 2,500円
◎8/1~8/9にお振込の方: 3,000円
※お振込先はお申込者様に個別にご連絡させていただきます。

【お申込方法】
メールでお申し込みください。

●宛先:
natural(アットマーク)natural-d.net

●件名:
酵素セミナー 受講希望

●本文:
(1)お名前(必須)
(2)お電話番号(必須)
(3)年代(任意)
(4)セミナーで特に聞きたいこと、受講しようと思った理由などがあればご記入ください。セミナー内で対応させていただける場合がございます。(任意)
(5)個別カウンセリングの希望有無(必須)

※個別カウンセリングについて
セミナー終了後、個別にあり彩先生にご相談したい方は、受け付け順にセッティングさせていただきます。

酵素について、ファスティングについて、ダイエットについて、健康について、専門家のアドバイスをいただけるチャンスです。

(40分:5,000円)

-----

その他、ご質問・ご不明点等ございましたら、お気軽に

natural(アットマーク)natural-d.net

までご連絡ください。

今年の夏はすっきりボディで過ごしましょう!

みなさまのご参加を、お待ちしております(#^_^#)

------
by
アトピー・敏感肌の方にお勧めしたい天然100%コスメを集めたお店・【Natural Dolphin】
[PR]

by aroma-salon | 2015-07-23 21:53 | Happy News

■6月限定 『ローズ!ローズ!ローズ!!』トリートメント♪

f0046151_2095299.jpg


おまたせいたしました!
当店で毎年大好評の6月限定企画
『ローズ!ローズ!ローズ!!』 のご案内です!!

頭の先から足の先までローズでトリートメントして
幸せいっぱいに浸りませんか?

Aroma Dolphinの『ローズ!ローズ!ローズ!!』は、単にローズオイルでトリートメントするだけではありません。

お顔のクレンジング、洗顔、化粧水、トリートメント、お仕上げ、すべてが ローズ! で包まれます。

パックはお肌の状態に合わせて選択するため、ローズ以外になる場合がございますが、
もちろん、厳選の天然100%成分で、自然の力を存分に堪能していただきます。

女性を幸せな気持ちに包み込む、ローズ。

美白作用があるとして知られる、ローズ。

乾燥肌におすすめな、ローズ。

そんなローズの成分を、頭の先からつま先まで、
全身で取り入れませんか?

今年はお仕上げは、
クロアチア・ドブロブニクの600年続くナチュラルレシピのローズクリームが使える、
という特別バージョンです。

日本で購入できない商品なので
おそらく、日本中で体験できるのはAroma Dolphinだけではないでしょうか?(笑)


ご予約受付は本日から6月30日まで。
ご来店日(施術日)は、6月1日~7月31日までOKです。

梅雨のもやもや、
地震や噴火の落ち着かない気分を一掃して
夏に向けて美白対策をしておきませんか?

幸せになりたい方からのご予約、
お待ちしておりますemoticon-0152-heart.gif

----
emoticon-0155-flower.gif HPの写真は、先日私が山下公園で撮影してきたものです。 いかがでしょう?(笑)
今年はバラの季節が早かったようですが、Aroma Dolphinではまだまだご堪能いただけます♪
by 天然100%にこだわる旅気分の隠れ家アロマエステサロン・Aroma Dolphin
[PR]

by aroma-salon | 2015-05-31 20:10 | Happy News

エーゲ海&アドリア海クルーズ ⑥ベネチア@イタリア

さて、最後のリポートです!
今回のクルーズ船の発着地・ベネチアです!

f0046151_2256358.jpg


ところで、みなさんは

「ベネチア」と「ベニス」

が同じ街だって、知ってました?(笑)

どうやら、

「ベネチア(ヴェネツィア)」はイタリア語、

「ベニス」は英語

のようでした。

私は初めて知りました(笑)

---

さて、気を取り直して、ベネチア・リポートです。

ベネチアは、巨大観光地だけあって、
どこもかしこも、目玉スポットだらけです。

なので、さらさらっと、写真満載でお届けします(笑)

---

まずは、いわゆる「ベニスの街並み」を。

f0046151_2210098.jpg


「水の都?」

「タクシーの代わりに、船で移動、って、どういうこと?」

と思っていましたが、こういうことでした。

f0046151_22104719.jpg


街の至る所に船の発着所があって、
そこから船に乗って移動する。

陸に上がれば、
そこから普通に歩いて移動できるけれど、
車両のついたものは入れないので(車や自転車がNG)
とにかく、歩くしかない。

そして、
水路がとにかく多いので、長さ5mぐらいの橋を
何度も、何度も渡る。

それが、「水の都:ベネチア」の真相でした。(笑)

夜は、こんな感じ。

f0046151_2213196.jpg


とてもムーディーで素敵ですね♪

あちこちでキス&抱擁をするカップルがいましたが、
なんだか、わかる気がします(笑)

---

もちろん、ゴンドラにも乗りましたよ。

f0046151_22141770.jpg


ゴンドラは、ものすごい数、います。

水路で、交通渋滞が起こるほど、います。(笑)、

f0046151_2214648.jpg


でも、上の写真を見てください、
橋の上にも人がいっぱいいますよね?

ベネチアは世界的な観光地だけあって
本当に人が多かったです。

---

ベネチアにも鐘楼があって、
こちらにも上りました。

f0046151_2215507.jpg


お天気がイマイチなのが残念でしたが、
こうして見るとやっぱり、
オレンジの屋根は、圧巻ですね!?

f0046151_22161238.jpg


オレンジの屋根で有名なドブロブニクより規模が大きいのですごみを感じますが、
なぜだか、ドブロブニクの方が、あたたかみを感じます。

ベネチアのオレンジ屋根の方が、なんだか近代的な気がするのは、気のせいでしょうか・・・?

鐘楼に登っていたら、
またしても、鐘がガンガン鳴りだしました。

やめて~~~~~!!!

f0046151_2218417.jpg


クロアチアのスプリットに続き、2回目、です。

日本ではなかなかできない体験なので、喜んでいいのか、、、

でも、実際は、そんなのんきなことを言っていられない状況です。

ものすごい爆音です。

街中に響き渡る鐘の音を、1mも離れていない真横(真下)で聞くんですから。

しかも、このベネチアの鐘は、長かったです。

「まだ終わらないの~~~~???」

と泣きたくなるぐらい、ずーーーーーっと鳴っていました。

もう、鐘は、こりごりです。

---

鐘楼の横には、宮殿がありました。

私、宮殿は(たぶん)人生初体験だったのですが、
衝撃でした!!!

本当に、すごかった!!!

外観はこんな感じで、フツーなのですが、

f0046151_2222162.jpg


※こちらは実際には宮殿の広場なので外観ではないですが、まぁ、こんな感じです。

※普通に考えたらこの建物は全然フツーではないですが、
エーゲ海&アドリア海を廻っていると、
この光景はもはや「フツー」になってきます。。。

中の装飾がすごかった!!

f0046151_22234459.jpg


この宮殿には、「世界一大きな油絵」があるらしかったのですが、

どれも巨大ですごすぎて、
結局、どれが「世界一大きな油絵」だったのか、わからずじまい。。。

f0046151_22243123.jpg


そして、こちらは、なんと、天井の装飾です。

f0046151_22245776.jpg


このドゥカーレ宮殿は、8世紀に建てられ、
14~16世紀に、今の形に改修されたそうです。

つまり、今から、1200年とか500年とか前に、
この状態がつくられたことになります。
(もちろん、修復は重ねていますが)

天井の高さは、、、
おそらく、10m以上あると思います。

そこに、この立体的な彫刻。
素晴らしい油絵。

湾曲している箇所もあり、
「地面でつくって、貼りつける」
だけではできない作業がいっぱいです。

いえ、「地面でつくる」にしても素晴らしすぎるほどの
絵画や彫刻です。
(それが、天井にあります)

これだけの技術がある人がその時代にいた、というのもびっくりですし、
しかも、これだけの広さに施せるほどの人数がいた、というのもびっくりですし、
一体、どんな人が、どれだけの時間をかけてつくったんだろう?と
お金の出処ではなく、技術者の素晴らしさに本当に驚きました。

これを見た時、
「あぁ、職人さんの技術の継承って、本当に大切なことなんだなー」
と思いました。

今の時代に、あれだけのものをつくれる職人さんがどれだけいるのでしょう??

日本でも宮大工の技術の継承などが行われていますが、
職人のみなさんには、本当にがんばってもらいたいなー、なんて思いました。

---

ちなみにこの宮殿は、かの有名な
サンマルコ広場のすぐ近くにあります。

f0046151_22322536.jpg


お昼間の風景もステキですが、
雨あがりの夜の景色はとてもキレイでした。

ベネチア旅行される方は、
雨でも嘆く必要は、まったくないですね♪

---

こちらは、フェニーチェ劇場、という、オペラ劇場です。

f0046151_2233408.jpg


有名な劇場らしいのですが、
意外に簡素なたたずまいでびっくりしました。
(周りの建物がすごすぎて、こちらが簡素に見えるほどなのです)

が、しかし、中はやっぱりすごかった!

ほらっ!

f0046151_22345615.jpg


こちらも、天井の装飾もぬかりなかったです。

写真ではよく見えませんが、天使が飛んでいます。

f0046151_22374726.jpg


中世の映画などで、貴族がドレスを着てオペラを見る場面がありますが、
本当に、まさに、そのまんま。

今回、お昼間の講演だったのでワンピースでの観賞になりましたが、
夜なら、ロングドレスでバッチリキメたいところですねー(笑)

ただし、ロングドレスで街を歩いている人は一人もいなかったので、
もしかすると、夜の講演でも本当のイブニングドレスを着る人は
今はあまりいないのかもしれません。
(オペラハウスの中に着替える場所がある、という話もありますが)

演目は、私の好きな「椿姫」だったのですが、
これまたなぜか現代版にアレンジされていて、ちょっと残念でした。

あんな素敵な劇場で公演するのだから、
時代に即した衣装で演じた方が、絶対に素敵なのに。。。

後ろの席のフランス人もがっかりしていましたが、
まぁ、そのあたりも、その土地土地の文化や考え方があるんでしょうね。

---

あと、クロアチアでは、世界で3番目に古い薬局の化粧品屋さんに行きましたが、
ベネチアに派、世界で一番古い薬局の化粧品屋さんがある、というので、行ってみました。

「サンタマリアノヴェッラ」です。

f0046151_2241284.jpg


ナチュラルコスメ好きの方で、
イタリアに行ったことのある方なら
たいてい知っているお店のようですね。

クロアチアの世界で3番目に古い薬局・マラ ブラーチャ薬局がこだわりの天然100%だったので期待していたのですが、

残念なことに、この「サンタマリアノヴェッラ」は、
薬品テンコモリの化粧品でした。

f0046151_22441066.jpg


石鹸にまで
化学合成物質をつかっていたのには、びっくり!

おそらく、「ナチュラルコスメ」をイメージとしてとらえ、
本質的にはあまりこだわっていないのでしょうね。

お店の方もとても親切で素敵な方だったのですが、残念です。

まぁ、ブランドにより、いろんな考え方がありますから。(^_^;)

---

そんなこんなのベネチアでした。

珍しい「水の都」なので、一度は体験しておくとよいのではないでしょうか?

エーゲ海&アドリア海クルーズはベネチア発着のものも少なくないので、
もしかしたら、また行くことがあるかもしれませんね。


・・・というわけで、長く続きましたエーゲ海&アドリア海クルーズリポートはこれにて完了!!

ここまでお付き合いいただき、
誠にありがとうございました♪

私が営む、『天然100%にこだわる旅気分の隠れ家アロマエステサロン』では
5月末まで、「エーゲ海&アドリア海スペシャル」メニューを展開中!
(ご予約:5月末まで/ご利用:6月末まで)

ギリシャのミコノス島で仕入れたオーガニックオリーブをつかったボティトリートメントと
クロアチアのドブロブニク(マラ ブラーチャ薬局)で仕入れたローズ化粧水&ローズクリームをつかったフェイシャルを
イタリアのベネチアの音楽家によるチェンバロ演奏をBGMに、堪能してみませんか?

オプションで、
アドリア海のお塩をつかったお背中のスクラブもできます♪
(これが、透明感が出て、予想以上に評判がよい!!)

受付は5月末までです。
お支払いは、ボーナス後の6月(ご来店時)に (笑)。

ご希望の方は、お早めにどうぞ~♪

-----
emoticon-0157-sun.gif Aroma Dolphinでは5月末まで『エーゲ海&アドリア海スペシャル』受付中!
ミコノス島で買ったオリーブオイルとクロアチアで買った化粧水・クリームを使って施術しますよ♪
by 天然100%にこだわる旅気分の隠れ家アロマエステサロン・【Aroma Dolphin】

[PR]

by aroma-salon | 2015-05-22 22:56 | Happy News

エーゲ海&アドリア海クルーズ ⑤アンコーナ@イタリア

さて、残すところはあと、イタリアのご報告になりました!

⑤アンコーナ@イタリア と
⑥ベネチア@イタリア ですね!

f0046151_211386.jpg


ところでみなさん、「アンコーナ」って、ご存知でした??

実は私は、まったく知りませんでした。
情報自体、あまりないし。

「行ったことがある」という知人に聞いても
「なんにもなかったよ」とツレないお返事。

「そっかー。。。」と全然期待していませんでしたが、、、

私は、結構、好きでしたemoticon-0152-heart.gif

---

港に着くと、まず見えてくるのが、この景色。

f0046151_21134999.jpg


なにやら、いい感じではないですか♪

降り立ってみると、とても不思議な街です。

遺跡?みたいな、壊れた建物があちこちにあります。

f0046151_21144942.jpg


日本の木造文化では、なかなかこの雰囲気は出ないですね。

ほら、こんなアーチも、
いきなり普通の住宅地にあるんですよ。

すごくないですか?

f0046151_21265929.jpg


---

とことこと歩いていると、素敵な教会を発見!

f0046151_21152981.jpg


これまで、豪華な教会は次々と登場していて
「宗教の力って、すごいなー!」
なんて思っていたのですが、

この石の教会は、
派手さはないものの、
得も言われぬ威厳を保っていて、
私はとても好きでした。

アーチの装飾にも、ぬかりはありません。

f0046151_211745100.jpg


中も、ぜ~~~んぶ、石づくり。

f0046151_2117249.jpg


石の、厳格な雰囲気があるものの、
十字軍のようなマークのついた衣装を着た神父さんなどはとてもフレンドリーで、
写真はすべてOK。

いろいろと親切な、素敵な教会でした。

f0046151_21191268.jpg


---

教会を出て、観光名所とおぼしき方に歩いて行くと、、、

なんだか、だんだん、素敵度が増してきました♪

新緑と遺跡(風建物)のコラボです☆

f0046151_21203274.jpg


f0046151_2120503.jpg


ほら、こんな素敵な公園が、
普通に、家の近所にあるんですよ。

素敵じゃないですか?

f0046151_21213351.jpg


アンコーナに来て初めて気づいたのですが、
そういえばこれまで、あまり、自然がなかった気がします。

「ヨーロッパは、石の文化だなー」
と感じていたのですが、
建物は石づくりが多く、
とても雰囲気があっていいのですが、
この、緑の、生命力を感じる自然に久しぶりに触れた気がしたのでした。

いえ、実際にはまったくなかったわけではないのですが、
久しぶりに「あちこちに、蒼々と、緑に囲まれる」という環境を体感し、
「あ~、やっぱり、私は、自然が本当に好きなんだなー」
とあらためて感じました。

f0046151_21243210.jpg


f0046151_21255585.jpg


f0046151_2126126.jpg


---

ひととおり観光名所らしきところを回ったあとは、
街の中心地らしきところに出てきました。

f0046151_21275716.jpg


f0046151_2128162.jpg


広場ではマーケットが出ていて、
ちょっと素敵な雰囲気です♪

f0046151_21292522.jpg


f0046151_2129494.jpg


さすがイタリア、
こんな噴水もありました。

f0046151_21295389.jpg


さすが、イタリア! と言えば、
以前、私が東横線の電車の中で前に立っていた男性がしていた腕時計で
「すごくステキだなー」と思っていたものが、
なんと、ショーケースに飾られていました。

f0046151_2131234.jpg


これ、全部、木でできているんですよ?
素敵じゃないですか??

その男性に思わず声をかけたいほど本当に素敵だったので
そのあとネットで調べたのですが、
なかなかここまでキレイに作りこまれたものは見つからなくて。

「あの人は、どこで買ったのかなー?」
なんて思っていたら、
ここにありました。
イタリアの、アンコーナ。(笑)

私は時計をしないので買いませんでしたが、
もし時計が必要になったら、
またアンコーナに来なくっちゃ! です(笑)

---

そんな余韻にひたりながら、船に戻る。

船の前には駅があって、
久しぶりに鉄道を見ました(笑)

f0046151_21351491.jpg


都会(先進国)に戻ってきたんだなー、と再認識です(笑)

-----
emoticon-0157-sun.gif Aroma Dolphinでは5月末まで『エーゲ海&アドリア海スペシャル』受付中!
ミコノス島で買ったオリーブオイルとクロアチアで買った化粧水・クリームを使って施術しますよ♪
by 天然100%にこだわる旅気分の隠れ家アロマエステサロン・【Aroma Dolphin】

[PR]

by aroma-salon | 2015-05-22 21:36 | Happy News

エーゲ海&アドリア海クルーズ (休憩) クルーズ船内SPA

前の記事で書きました通り、
今回のクルーズ船は、ちょっぴり残念な感じではあったのですが、
SPAだけは、素晴らしかったです!!

というわけで、
素晴らしかったSPAをご紹介させていただきたいと思いますemoticon-0152-heart.gif


◎ちなみに、前回のカリブ海クルーズ(カーニバル船)のSPAの様子はこちら!

---

なにが素晴らしいって、このお部屋!

f0046151_19575491.jpg


このお部屋!

f0046151_19581734.jpg


クルーズ船のSPAの醍醐味は、
「海の見えるお部屋でのトリートメント」
だと思いませんか?

ところが、クルーズ船のすべてのSPAが、
「海が見えるトリートメントルーム」を用意しているわけではありません。
前回乗ったカーニバル船には、
海が見えるトリートメントルームは1つもありませんでした。

その時に教えてもらったのは、「船によって、違う」

同じカーニバル社のクルーズ船でも、
前回私が乗ったクルーズ船はたまたま海が見えるトリートメントルームはなかったのですが、
他の船には、海が見えるトリートメントルームがある船もあるそうです。

で、今回の、MSC社のクルーズ船。
なんと、全室、「海が見えるトリートメントルーム」でした!!!

もう、これだけで、すべてを許してしまいそうです(笑)

ちなみに、上記2枚の写真は、今回2回施術を受けたので、それぞれのお部屋。

ちょうど、左右対称になっているようですね。

ちなみに前回のカーニバル船のトリートメントルームには、
各お部屋にシャワーが付いていました。
(洗い流す必要のある施術があったので。。。)

ベッドの上も、こんなに可愛くコーディネート♪

f0046151_203243.jpg


f0046151_2034517.jpg


今回のSPAは、このツインの白鳥がテーマ?だったようで、
いたるところにありました。

こんな感じで、カップルで
クルーズ船のSPAでゆっくりできたら、いいでしょうね~!!

施術はいろんな種類があるのですが、
今回私は
・ヒマラヤ岩塩トリートメント (ヒマラヤン・ドリーム) と
・シーシェルトリートメント
を受けました。

f0046151_2053297.jpg


せっかくなので、
日本であまり受けられないものにしようと思って。(笑)

共に、オイルを塗って、岩塩や貝で軽くトリートメントしたあと
オールハンドの施術をしてくれる、というもので、
思わずうちでも取り入れようか?と思ってしまいました。

みなさん、やってみたいですか?
ご要望が多いようでしたら、取り入れますね(笑)

ちなみに、ヒマラヤ岩塩は少しざらざらしているので、
敏感肌のお客様が多いAroma Dolphinには、ちょっと向いてないなー、と思いました。
お塩、という意味では、とてもいいんですけどね。

一方、シーシェルの方は、とてもなめらかな滑り心地で
とても気持ちよかったですよ。
これは、予想外でした。
こちらは、どなたにでも施術でき、たぶん、どなたにでも好まれるだろうと思います。

このほか、「バンブー」や「キャンドル」などをつかった施術もあるようでした。
キャンドルもちょっと興味がありましたが、
Aroma Dolphinの「パラフィンパック」と同じだったらがっかりだなー、と思って辞めておきました(笑)

---

施術については、、、

前回のカーニバル船のセラピストは、フィリピン人女性だったのですが、
とても上手でした。

とても熱心な女性だったこともあるとは思いますが、
「海外のレベルもここまで上がったか!」と思うほど、
接客も丁寧で、とても上手でした。

今回は、、、
まぁ、よくある、海外SPAのレベルです。

が、

実は、1回目の施術者は、男性でした。

「トリートメント時間まで、サウナにいていい」
「サウナは、水着を着なくていい(バスタオルのみ)」

と言われていたので、サウナで汗だくになっていたら、
インドネシア人?の男性が呼びに来ました。

「?? スタッフさんかな?」

と思っていたら、そのまま施術に!!

思わず焦って、「紙パンツ、ある!??」と聞いてしまいました(笑)
(あります・笑)

私は施術慣れしているので男性でもあまり気にしませんが、
女性施術者しかイヤ、という方は、事前に確認しておいた方がいいかもしれませんね。

あ、でも、この男性は接客もよく、
施術(ヒマラヤン・ドリーム)も上手でしたよ。

2回目の女性(シーシェル・トリートメント)は
施術は上手でしたが、笑みは一切なく、手も冷たく、
「まぁ、海外のトリートメントだよね」
という感じでした。

---

ちなみに、トリートメントを受けると、サウナやリラクゼーションルームを使えるようになります。

f0046151_20161811.jpg


・・・ちょっと、当店オリジナルコスメ・【jolve】入りの写真になってしまいましたが、
そこは、ご愛敬、ということで。。。(^_^;)

壁2面がガラス張りの、
とても開放感のある空間です。

なぜか、リラクゼーションルームは優雅に
2か所もありました。

f0046151_20175856.jpg


前回のカーニバル船では、トリートメントを1回受けると航海中自由にサウナとリラクゼーションルームが使えたのですが、
今回のMSC船では、トリートメント1回につき、1回使えますよ、というものでした。

が、トリートメントを3回受けると、全日自由に使える、というので、
交渉して、2回で全日使えるようにしていただきました。

サウナは、スチームサウナとドライサウナがあります。
これは、前回、今回も、同じ。

前回のカーニバル船では、サウナルームがガラス張りで外が見えるようになっていましたが、
今回のMSC船では、サウナルームは内側で、窓がありませんでした。

ただその分、MSC船にはリラクゼーションルームがあったし(カーニバル船にはなかった)、
サウナルームはガラスが曇ってしまって外が見にくい、という難点があったので
SPAに関しては、MSC船が圧勝!でした。

ちなみに、今回のMSC船のリラクゼーションルームはフィットネスルームの横にあるのですが、
船首に配置されていて
一番前にランニングマシンがあるので、
まるでランニングマシンの人たちが人力で船のエンジンを動かしているかのようで
楽しかったですよ(笑)

そんなくだらないことを考えつつ、
まわりの景色を眺めつつ、
温度管理されたスペシャルな空間でごろごろする。

そんな時間を送るので、
お部屋が狭くても、まったく気にならないのでした(笑)

-----
emoticon-0157-sun.gif Aroma Dolphinでは5月末まで『エーゲ海&アドリア海スペシャル』受付中!
ミコノス島で買ったオリーブオイルとクロアチアで買った化粧水・クリームを使って施術しますよ♪
by 天然100%にこだわる旅気分の隠れ家アロマエステサロン・【Aroma Dolphin】
[PR]

by aroma-salon | 2015-05-22 20:23 | Happy News

エーゲ海&アドリア海クルーズ (休憩) クルーズ船内

寄港地リポートはあと、イタリア(アンコーナ、ベネチア)が残っていますが、
ここでちょっと休憩。

クルーズ船内リポートです☆

f0046151_1932072.jpg


今回のクルーズは、私にとっては2回目のクルーズです。

1回目は昨年の、カリブ海クルーズ。
◎カリブ海クルーズのリポートはこちら!

2回目が今回の、エーゲ海&アドリア海クルーズ。

船会社も違い、エリアも違い、
いろいろと感じたことがあるので、それも踏まえてご報告していきましょう☆

まず、今回のクルーズ船。
イタリアの、『MSC』という会社の船です。

カリブ海クルーズで乗ったアメリカ船・『カーニバル』にくらべて
紺色の色使いやマークが上質感があり
「いいなー、うらやましいなー!」と思っていたので、
ちょっと、期待していました。

が。 (笑)

まず、こちらが、我が家の全貌。(笑)

f0046151_1873036.jpg


ホワイトとネイビーのコントラストが上品で、ちょっと、ステキです。

ちなみに前回の船は、11万トン。
今回の船は、6万トン。
約、半分の大きさです。

お部屋はこんな感じ。

f0046151_1875035.jpg


今回、いつもながら最安値のお部屋(一番狭い内側)を選んでいたのですが、
嬉しいことに、窓付のお部屋にグレードアップされていました。 わ~い♪

ただ、窓なしいのお部屋は、この窓の面の壁が一面ガラスになっており
狭さを感じさせない仕組みになっています。

前回のカリブでもほとんど同じつくりのお部屋(窓なし)でしたが、
3人(二段ベッド使用)でもまったく狭さを感じなかったので、
個人的には、これでまったく問題ないと思っています。

逆に、たとえばこの窓をつけるだけで値段が5万円以上変わるので、
「お部屋で優雅に過ごしたいから・・・」というのであれば、
バルコニー付までグレードアップした方が価値があると思います。

この、狭いお部屋で、なぜ狭さ・ツラさを感じないのか?というと、
それは、実は、ほとんど、お部屋にいないから。

ラウンジ・その1。
f0046151_1812744.jpg


ラウンジ・その2。
f0046151_18123122.jpg


ラウンジ・その3。
f0046151_18124713.jpg


ラウンジの数は、数えきれないほどあります。

いたるところがラウンジなので、慣れてくると、
いつも「誰もいない」ラウンジなども見つけることができるようになり、
自室でもないのにまったく人目を気にせず、
のんびりソファでくつろぐこともできます。

もちろん、船の上はオープンスペースになっているので、
こちらも使いたい放題です。

f0046151_18174281.jpg


一日中船で移動する「SEA DAY」などは、
開放的なプールサイドで、
キレイな景色とおいしい空気を堪能しながら、
ごろごろ過ごすことができます。

f0046151_18175413.jpg


遊び場(?)としては、
カジノや
f0046151_18205921.jpg


図書室
f0046151_18213113.jpg


ショーをやってくれるシアター
f0046151_18215228.jpg

などがあります。

この日の出し物は、「マイケル・ナイト」。
f0046151_18225858.jpg


マイケルそっくりさん(?)がメインとなり、
全曲マイケルでお届けしてくれました。

ショー自体は、前回は生バンドのミュージカル(?)でしたが、
今回は、スペース上の問題か、音源は録音もの。

ただし、前回は7泊8日のうち、たしか、3種類位のショーだったのですが、
今回はなんと、前日違うショーでした。
そのぶん、レベルも違うのですが、
でも、乗船客を飽きさせないためのその努力は素晴らしいですね!
そのため、「毎日ショーに通ってるわ!」という方も多かったですよ。

そうそう、カーニバル船では、ショーの撮影は禁止でしたが
MSC船ではまったくお咎めなし、なのも意外でした(笑)

このほか、ラウンジでも、たいてい生バンドが演奏してくれているので、
どこにいても優雅な気分が楽しめます。

ちなみに、最初にお伝えしましたが、
前回の船は、今回の船の、約2倍。

ちょうど、こういった共用施設が「今回の倍」ある感じでした。
そのため、下船直前に「こんな場所、あったんだー!」ということも少なくなく。。。
(おそらく、知らないまま降りている場所も多いと思います。。。)

「船旅は、飽きない?」
と言われますが、1カ月・2カ月乗っていたら飽きるかもしれませんが、
少なくとも1週間や10日程度では、
船内を探検しつくすことも難しいのではないかと思います。

1カ月以上の船旅に行ける方以外は、心配ご無用なのでは? (笑)

----

そして、よく聞かれるのが、「お食事、どうだった?」

はい、お答えしましょう。

食事は基本的に、3種類の選択方法があります。

1.無料のビュッフェ
2.無料のレストラン(一部有料)
3.有料のレストラン

---

1.はこちら。

f0046151_18303669.jpg


・・・激混みですが、すべての船でこうなわけではありません。
前回の船は、今回の倍以上のスペースがビュッフェに取られていたので、
こんなことにはなりませんでした。

また、前回は24時間、なんらかの食べ物(しかも、かなりの種類)が出ていたので
お客さんも分散されていたのですが、
今回は時間がある程度決まっていて、
うっかり変な時間に行くと、紅茶すら飲めない、という、
前回の船の記憶が新しい私からするとびっくりなことが多々発生しました。

そのため、ただでも狭いビュッフェに、限られた時間に人が集中するので、こんなことに。

お料理は、こんな感じで、好き好きにとって行きます。

f0046151_1834034.jpg


もちろん、ローストビーフなどは前にスタッフの方が立っていて、常時切ってくれます。

ただ、今回の船は、野菜が少なかったのが個人的には残念でした。

前回のカーニバル船だと、いつ行ってもあらゆる野菜を取り放題のサラダの大盛りを
10種類位のドレッシングを選びながら食べることができたのですが、

今回は、朝は、野菜はなし。
夜にちょろっとでるぐらいかな?

ドレッシングも数種類しかなく、ちょっと残念。

まぁ、きっと、文化の違いなんでしょうね。

メインディッシュ(お肉等)のお料理も、評判が悪かったです。

ただ、私からすれば、
ただで食べさせてもらってるんだし、
それが嫌なら別に他のものを選べばいいだけだし、
おそらく、「口に合わない」というのは、文化の違いもあるんだろうし、
嫌なら寄港地で思いっきりいいレストランに行くこともできるわけだし、
文句を言いながら「おいしくない」お料理を食べ続けなくてもいいんじゃないかなー?と思いました。

このあたりは、その人の性格が出るところでしょうね。(^_^;)

---

2.の無料のレストラン(一部有料)は、狭いスペースで全乗客が食せる設計になっているため
入替制になります。

あらかじめ決められた時間に、決められたテーブルにつくと、フルコースのメニューが出てきて
その中から好きな物を選んで食べることができます。

f0046151_18411119.jpg


お料理は、こんな感じ。

f0046151_18412855.jpg


f0046151_18414033.jpg


f0046151_18415552.jpg


f0046151_18423216.jpg



こちらもおいしいものもあれば、イマイチなものもありましたが、
同じく無料ででてくるお料理なので、
そのあたりはずれを楽しむ、というのもアリだと思いますし、
おいしいものを見つけたら、それを毎回頼む、というのもアリだと思います。

ちなみに、前回のカーニバル船では、「ソフトドリンクは無料、アルコールは有料」でしたが
今回のMSC船は、「ソフトドリンクも、アルコールも有料 (水も有料)」でした。
船会社によって、考え方がいろいろなようですね。

あと、前回のカーニバル船は、レストランでは毎回従業員によるショーが行われていましたが、
今回はありませんでした。

・・・というか、とにかく船が前回の半分の大きさなので、とても狭く、
テーブル配置自体もギュウギュウ詰めで、
スタッフの方はお料理を運ぶのにも一苦労!

そのため、ガシャガシャお料理を落とすし、
そうすると、スタッフさんの仕事はさらに増えてイライラするし、
それによってサービスレベルが低くなってお客さんもイライラするし、
で、ちょっと、大変な感じでした。

後にも書きますが、
船旅を楽しむなら、とにかく大きな船の方がよさそうです。

---

3.有料のレストラン もあるのですが、
こちらは、前回も今回も、行っていないのでよくわかりません。

有料レストランに行けば、
日本のレストラン並みのおいしいお料理が出てくるのかも!??

ただ、先ほども少し書きましたが、
そもそもお味には「文化の違い」というものがあるので、
超一流レストランにでも行かない限り、
海外で「日本のレストランの味」が出てくるのを期待するのは
ちょっと難しい気がします。

せっかく環境の違う海外に来ているんです、
「文化の違い」を楽しめる心のゆとりが欲しいですね(笑)

---

あと、よく「揺れるのでは?」と聞かれますが、
結論から言うと、ほとんど揺れません。

今回はベネチア発着時に、
なぜかベネチア付近で少し揺れて
出発時は「え??」と驚きましたが、
一夜あけるとまったく嘘のように穏やかになりました。

帰りも同じ場所だけ揺れたので、
海域がそういう風なのか、
そこだけ船のスピードが断トツに早いか?、ではないでしょうか。

ただ、「揺れてる」「酔いそう」などの感覚はないのですが、
陸に降りると、ずっと揺れてる感覚があります。

おそらく、「気持ち悪くない、軽い、船酔い」なのだと思います。

それがダメな方は、、、、
船旅は、ちょっと、厳しいかも。

どんなに快適とは言え、やはり
「海の上に浮いている」ことに変わりはないですからねー。。。

---

あと、先ほど「船は大きい方がいい」と書きましたが、
正直、前回のカーニバル船とMSC船とでは、
満足度が全然違いました。

「雲泥の差」とまでは言いませんが、
かなり、それに近いものがあります。

レストランの違いは、先ほどお伝えしたとおり。

ショーの違いも、お伝えしたとおり。

サービスレベルも全然違い、
前回のカーニバル船はスタッフ全員が本当に楽しそうにイキイキと働いていて
それがサービスレベルの高さにも表れていたのに

今回は笑顔もあまりなく
「嫌々働いてるのかなー」という方が多かったです。
そのため、サービスレベルも非常に低い。

ちなみに、働いているのはともに、
東南アジアや南アメリカなどからの、出稼ぎの人たちです。

日本でも職場環境によってお店の雰囲気が違うようにたまたまなのか、
アメリカのカーニバル船、イタリアのMSC船 という船会社の違いのせいなのか
よくわかりませんが、
少なくともレストランの様子を見る限り、規模によりこれだけスタッフのストレスが違う、というのを見ていると
やっぱり、船の規模も重要な要素であると思いました。

さらに、トイレフリークの私からすると
共用施設のトイレのレベルの違いに愕然。(笑)

前回のカーニバル船では、どこのトイレに入っても、
「え? ここがトイレ?」というほどキレイで、
中もまるでリッツ・カールトンのホテル?と思うほどキレイで
常に水滴1つ落ちてなくて、
それはそれは見事な状態でした。

ところが今回のMSC船は、まず入り口からして
「え? スーパーの従業員用通路?」という感じで、
中もスーパーのトイレみたい。
もちろん状態も良くなくて、
水が流れにくところまであり、
「・・・」という感じでした。

さらに、今回同じツアーの方の中には
16万トン級のクルーズ船に乗ったことがある方も何人かおられたのですが、
やはり、すごそうです。
パンフレットなどではよく見ていますが、
中に、遊園地のようなものが本当にあるらしい。

次回クルーズに行く時は、絶対16万トン級の船にしよう、と
強く心に誓いました(笑)

・・・と、今回の船については、ちょっと酷評気味ですが(^_^;)
スパだけは、素晴らしかったです!!

というわけで、次回はSPA特集でお届けします。

お楽しみに~emoticon-0152-heart.gif

-----
emoticon-0157-sun.gif Aroma Dolphinでは5月末まで『エーゲ海&アドリア海スペシャル』受付中!
ミコノス島で買ったオリーブオイルとクロアチアで買った化粧水・クリームを使って施術しますよ♪
by 天然100%にこだわる旅気分の隠れ家アロマエステサロン・【Aroma Dolphin】
[PR]

by aroma-salon | 2015-05-22 19:03 | Happy News

■ エーゲ海&アドリア海クルーズ ④ドブロブニク@クロアチア

そして、今回、もう1つの期待の寄港地がこちらです。
クロアチアの、ドブロブニク!!

・・・な~んて言いつつ、もともと南国の島にしか興味のない私がここを知ったのは1~2年ほど前なのですが、
よくよく注目してみると、たしかに「キレイ!」「大好き!!」という人も多い。

いったい、何がそんなにいいのかな~?というわけで、「行ってみたいな」と思っていたのです。

こちらも、はい、期待通り!(それ以上?)でした!!

残念ながら私のカメラの色設定がおかしかったようで、イマイチ色がキレイに出ていないのですが、
実際にはこの5倍位キレイです。(笑)
そのつもりでお楽しみください☆

-----

ドブロブニクに着く前に、大きな橋の横を通りました。

f0046151_22455432.jpg


これが、なんだか、意外に、とてもキレイで♪

寄港地が近づいてくると、みんな「どんなかなー」と期待を膨らませながら
デッキから街を眺めます。

f0046151_22463262.jpg


見えてきました。 街の様子です。

あら、ステキ♪

f0046151_22473978.jpg


港からいわゆる観光名所の「ドブドブニクの城壁」までは離れているため、
バスで移動します。
バスで10~15分?

すると、見えてきました、城壁です!

f0046151_22484988.jpg


・・・ちょっと、巨大すぎて、うまく撮れないのですが、
とにかく、圧巻です。

まずは、城壁に登って、全体像を確認します。

城壁は、「城壁」というだけあって、街をぐるっと取り囲んでいるので
とても観光しやすいです。

そして、左を見れば世界遺産の街並み、
右を見れば美しいアドリア海、
という、えも言われぬ美しさ!!

この組み合わせには、ため息しか出ません。

f0046151_22572137.jpg


これは、城壁に開けられた穴から覗いた街並み。

f0046151_22581154.jpg


雑誌などにもとてもよく出てくる景色です。

それが、今、自分の目の前にある、という感動。
素晴らしい~~~!!

が、私はすごいなーと思ったのは、
この街が、今も普通の「街」として機能しているところでした。

私達は一生懸命観光していますが、
城壁の中の街では普通に暮らしが営まれていて、

洗濯ものが干してあったり

f0046151_22594285.jpg


寝っ転がってテレビを見ている人がいたり、

学校もあって

f0046151_230995.jpg


中では普通に授業を受けている生徒がいます。

こんな環境で、よく授業に集中できるもんですね。 すごい。

この街は、宮崎駿監督の、「魔女の宅急便」」や「紅の豚」の舞台となった街だそうです。

・・・私はそのことを知らなかったのですが、
行って、「きっとそうだろうなー」と思ったら、やっぱりそのとおりでした。

というくらい、世界観がぴったりでした。

私的には、「中世の騎士が鎧を着て歩いてても、なんら違和感がない」という感覚でしたが。

城壁から降りて、街の中に入ると、こんな感じ。

f0046151_22494047.jpg


こんな感じ。

f0046151_22524635.jpg


どこにカメラを向けてもこんな風景で、
すべてが絵になります。

建物の上に人が立っている光景も、もはや、普通に。
それほど、ホントに、どこもかしこも、こんな建物です。

もちろん、有名な教会などもあります。
中には、「写真撮影OK」な場所も少なくなく、びっくり。

「写真撮影NG」な場所でも、みんなバシャバシャ撮っていて、
注意する人もいないし
表示も小さいし、
うっかり間違えてしまいやすいです。
気をつけましょう。

私が一番心を打たれたのは、こちらのマリア像(?)でした。

f0046151_234514.jpg


実際に、本物の岩肌をそのまま利用したスペース。
この調和が感動的です。

---

街並みを堪能する方法は、「城壁+街歩き」 のほか、
街の横にそびえたつ「山にケーブルカーで登る」
という方法があります。

「両方一度に行くのは無理」と聞いていたのですが、
ケーブルカーで片道4分だというので、ささっと行ってきました。

やはり、見どころスポットらしく、
こちらはどこかのプロのカメラクルー。

f0046151_2371521.jpg


入口を過ぎると、ケーブルカーは、ぐんぐん登ってきます。

f0046151_23873.jpg


f0046151_2382179.jpg


頂上には展望台があり、それなりに人がいます。

f0046151_2384228.jpg


今回やりたかったのは、ここの「天空のカフェ」でのお茶。

時間帯がはずれていたこともあり、空いていて助かりました。

しかも、お店のお姉さんがとっても親切で!

「一人で、お茶だけでもいい?」

という私に、嫌な顔ひとつせず、

「もちろん! 一番いい席に案内してあげるわねemoticon-0152-heart.gif

口だけかと思ったら、本当に、一番眺めのいい席に案内してくれました!!

あまりの嬉しさに、お茶だけのつもりが、
思わずサンドウィッチセットまで頼んでしまいました。(笑)

f0046151_23105699.jpg


山の上に登ると、
いわゆる観光名所の城壁内以外のところもゆっくり眺めることができました。

城壁以外のところは、、、
ほとんど、何もありませんでした。(笑)

山・山・山。(笑)

f0046151_23135315.jpg


が、感心したのは、
こんな山の中にある一軒家、とかでも、
城壁内の建物と同じように
石造りの壁に、オレンジの屋根、なのです!!

観光地として守ってるだけじゃなく、
本当にそういう暮らしなんだなー、としみじみ思いました。

ちなみに、下界(城壁周辺・笑)では、バスがとても発達しているようで、
本数も多く、大人気でした。

f0046151_23155648.jpg


陸路でドブロブニクをゆっくり観光するなら、
こういう公共交通機関を使うのも楽しそうですね。

下界に降りてからは、フランシスコ修道院のマラ・ブラーチャ薬局という、
世界で3番目に古い薬局で天然100%コスメを仕入れてきました。

f0046151_23204560.jpg


なんと、1391年創業で、
ローズクリームなどは当時から支持されているレシピのまま、
今も、ここの薬局で作られているそうです。

「どこで作ってるの?」
「これは本当に天然100%なの?」
と尋ねる観光客(※私じゃないですよ)に、

「ここで作ってるの」
「「もちろん、天然100%よ!」
と自信満々に答える店員さんがカッコよかったです☆

Aroma Dolphinの『エーゲ海&アドリア海スペシャル』では
ここで仕入れたコスメでフェイシャルをさせていただいています。
受付期間は5月末までなので、
どうぞお急ぎを!(笑)

---

で、そのあとは、日本にハガキを送って

f0046151_23172662.jpg


ヨーグルトを食べて♪

f0046151_23175028.jpg


夕陽を見ながら、ドブロブニクともお別れ。

f0046151_23182869.jpg


とっても楽しいドブロブニクでした♪

-----
emoticon-0157-sun.gifAroma Dolphinでは5月末まで『エーゲ海&アドリア海スペシャル』受付中!
ミコノス島で買ったオリーブオイルとこのドブロブニクで買った700年間支持されている化粧水・クリームを使って施術しますよ♪
by 天然100%にこだわる旅気分の隠れ家アロマエステサロン・【Aroma Dolphin】
[PR]

by aroma-salon | 2015-05-21 23:27 | Happy News

エーゲ海&アドリア海クルーズ ③ミコノス島@ギリシャ

今回の寄港地のもう1つの目玉は、ミコノス島@ギリシャ、です。

こちらも、雑誌などによく出てくる場所ですね。

が、今回のクルーズでのミコノス島の滞在時間は、なんと、20:30~27:00(朝3時)。

えぇぇーーーっ!!??

ただ、調べてみるとミコノス島は、「夜遅くまでお店があいていて、ナイトライフがにぎわっている」島だということなので、まぁ、いっか。

というわけで、昼間は船のデッキで、日向ぼっこ♪

f0046151_21412461.jpg


日差しが強いので、日中はビキニで過ごせます。
※ただし、プールに入る気にはなれません。

夕闇が訪れると、大きな夕陽が。

f0046151_21414773.jpg


こうして見ると、あらためて、大きいですね(笑)

この日のミコノス島の日の入りは、20:01。

到着前に日が沈み、島の夜景が浮かび上がります。

f0046151_21434820.jpg


ミコノス島もサントリーニ島と同じく、小型ボートで島に行きます。

「ナイトライフが充実の島」と言われても、お酒も飲まず、ディスコも行かない私は
ご飯を食べてお土産を買う位しかないだろう、というわけで、
クルーズ船では食事を取らず、ミコノス島に向かいます。

・・・が。

さ、寒いっ!!!

サントリーニ島でも風が強かったので、
「日が落ちて、風が吹いたら、寒いんだろうなー」
※この日に最高気温は16℃
と思ってはいたものの、、、

予想以上に、寒い!!!
薄手のダウン+カイロでも、寒いっ!!!!

着いた途端に、帰りたくなりました。

が、せっかくなので、一応、ご飯を食べました。

たまたま入ったお店は、ガイドブックにも載っていたお店。
ギリシャ名物の「フェタチーズ」というものを使ったお料理を出してくれました。

f0046151_214655100.jpg


f0046151_2147760.jpg


お味もおいしかったし、
とても親切だったし、
よかったですよ♪
お勧めのお店です。

f0046151_2148475.jpg


・・・書いていたら、なんだかまた、食べたくなってきました(笑)
カッテージチーズのようなモロモロとした食感で、
味は少し酸味があったような、なかったような。。。

で、とにかく寒いし、街も暗いし、帰りたかったのですが、
せっかくなので、少しだけお店を見て回りました。

そこで、判明したことは。

ギリシャの、ナチュラル意識の高さです!!

今回各地を巡ってわかったのですが、
たとえばイタリアもオーガニックに力を入れていると思われがちですが、

ハチミツにはすごくこだわられています。

食品は、まぁまぁ、といった感じです。

しかし、コスメになると、「オーガニック」「ナチュラル」として売っていながら
化学合成物質てんこもり!なアイテムが非常に多かったです。

そんななか、ギリシャは(もちろんそういうものもありますが)、
きちんと「天然100%」にこだわっているものが多かったです。

・・・いくら、オーガニック素材のものを使っていても、
他の素材が化学合成物質てんこもり!では、オーガニックのパワーも無に等しいですからね。。。

あるオリーブのお店では、お店の店員さんが力説してくれました。

「ギリシャでは、オリーブの木の伐採は禁止されてるの。
 自然に倒れた木でないと、使ってはダメ、と決められているのよ」

「パラペンもギリシャでは禁止されてるから、入ってないわよ。
 パラペンは、本当に皮膚に悪いのよ。
 パラペンとミネラルオイルの組み合わせは、もう、最悪!
 ・・・(以下に肌に悪いかが、延々と続く。。。)」

・・・私、身分も明かしてないし、
もちろん天然100%にこだわっているなんて一言も言っていないのに、
そんな1観光客に過ぎない私に一生懸命説明してくれる姿がとても意外でびっくりしました。

私もパラペンがギリシャで禁止成分だとは知らなかったので私の英語力不足で聞き間違えたのかと思いあとで調べてみましたが、
たしかに、パラペンは、EUで禁止成分登録されているようですね。

パラペンには全9種類ありますが、
イソプロピルパラベンおよびイソブチルパラベンとその塩、フェニルパラベン、ベンジルパラベン、ペンチルパラベンは配合禁止リスト(Annex II)に入れられており、プロピルパラベンとブチルパラベンも使用可能防腐剤リスト(Annex V)に残したものの、条件付き、としているようです。

使用量が多いものは9種類中4種類ですが、
抗菌作用の強さと環境ホルモンの強さも同順と言われ、
ブチル>プロピル>エチル>メチル
の順だと言われています。

日本で化粧品に使われているパラペンはエチルパラペン、メチルパラペンが多いので、
「だったら、大丈夫でしょ?」
という考え方もあるにはあるのですが、、、
私は、あんまり、使いたくないですね。(^_^;)

・・・と、話が逸れましたが、普通のお店の1店員さんがそんなことを
英語も堪能でない外国人観光客に一生懸命語ってくれる姿に
「あ~、ギリシャって、いい国だなー」
と心を打たれたのでした。(単純・笑)

結局そのお店ではなにも買わずに出てきたのですが、
店員さんはニコニコとお見送りしてくれました(笑)

で、そのことを同じツアーの参加者にお話ししたところ、
「そんなんだから、ギリシャの経済はダメなんだ。」
と怒っておられました。(笑)
たしかに、そういう見方もありますね(^_^;)

・・・と、随分話が逸れてしまいましたが、そんなこともあり、
本当に寒くて、寒くて、どうしようもなかったので、
観光もそこそこに、そそくさと帰ってきたのでした。

f0046151_2211639.jpg


これは、唯一見た、なにか、旗が飾られている場所(笑)。
・・・きっと、なにかなのでしょう(^_^;)

-----
emoticon-0157-sun.gif Aroma Dolphinでは5月末まで『エーゲ海&アドリア海スペシャル』受付中!
日本に居ながらにして、エーゲ海クルーズ気分を堪能しませんか?(笑)
by 天然100%にこだわる旅気分の隠れ家アロマエステサロン・【Aroma Dolphin】
[PR]

by aroma-salon | 2015-05-21 22:11 | Happy News