Dolphinの 毎日、ごきげん! from 横浜元町


天然成分にこだわるエステサロン・『Aroma Dolphin』オーナー、Dolphinの日記です。 詳しくは「はじめに」をご覧くださいませ☆
by aroma-salon
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

実は誤り!?な ココナッツオイルの使い方

f0046151_1595688.jpg


さて、前回のブログで
「実は、あの代表的なココナッツオイルの摂り方にも誤りが!」
という話を書きましたが、決してアオリではありません。

具体的にご紹介しましょう。


ココナッツオイルの摂取方法で最近有名なものに

●コーヒーに入れて飲む

●パンに塗って食べる

があります。

もちろん

「味として、おいしいから、好きーーー!」

というのであればどのように摂取しても構わないのですが、

もし美容・健康効果を期待して摂取したいのであれば、これ、それぞれ、注意が必要です。

---

まず、「コーヒーに入れて飲む」。

ちまたでよく紹介されているのは

「コーヒーに入れて、そのまま飲む」

というものです。 私のインターネットで調べていたら

「唇がテカテカになる」
「味はおいしくない」
「人によっては、下痢になる」

などの評価を見つけました。

結構「おいしくない」との評価が多かったので私は試しませんが(^_^;)
もし試してみたい方は、1点、注意があります。

それは

●コーヒーとココナッツオイルをミキサーに入れて10秒ほど拡散しましょう

ということ。

ココナッツオイルはそれ単体では吸収されにくく、
そのまま出てしまう(=下痢になる)ことも少なくありません。

便秘な方にはそんな使い方もいいかもしれませんが、

「美容と健康のために、中鎖脂肪酸をケトン体に変えて吸収したい!」

という方には、単にコーヒーに入れて飲むだけのやり方はお勧めできません。

ミキサーか、せめてスプーンでよくかき混ぜて、乳化させてから飲むようにしましょう。

こうすることにより効率的に吸収できるようになり、
ケトン体の合成効果をより得やすくなります。

---

そして、もうひとつ。

「パンに塗って食べる」。

ココナッツオイルは23~25度ぐらいで固形に固まりだすので、
思わずパンに塗りたくなります。

これ、単に「バターの摂取を避けたい」という目的であればそれも構わないでしょう。

しかし、もし、美容・健康効果を期待してココナッツオイルを摂取したいのであれば、
実はこの食べ方はNGです。

なぜなら、糖質と一緒に摂ってしまうと、
糖質を摂ったことにより分泌されるインスリン(ホルモン)が中鎖脂肪酸がケトン体に変化するはたらきを阻害し、
ケトン体効果が十分に得られなくなってしまうのです。


ケトン体は、前回のブログでもご紹介したとおり

・食欲中枢を抑制し、食べすぎを防ぐ
・糖質の食欲を抑える

などの効果があります。

さらにみなさんが気になる「アンチエイジング効果」ですが、こちらも実は、

・ケトン体が体内の酵素群を活性化させて、活性酸素のはたらきを抑制する から

という、ケトン体の効果です。

つまり、ケトン体が効率よく合成される食べ方をしないと、せっかくココナッツオイルを摂っても効果半減、という残念な結果になってしまいます。


ちなみに、糖質とココナッツオイルは一緒に摂ってはいけないだけではなく、
ココナッツオイル摂取後3時間は糖質の摂取を控えた方がいいとのこと。

というわけで、たとえば

・朝起きて、コーヒーとココナッツオイル(大さじ1杯)を撹拌したコーヒーを飲む
・その後、野菜スムージーを飲み、出勤!

という方には得意オススメ、といえそうです。

個人的には「寝起きにコーヒー」はあまりお勧めしたくない(胃腸への刺激が強すぎる)ですが、
ベースは、ハーブティーやココアなどほかのドリンクでも構わないそうです。

朝に時間がある方は、ぜひお試しを♪

-----
063.gifスムージーに果物を入れてしまうと、糖質が多いので台無しです。
どうぞお気を付けて~!
by
アトピー・敏感肌の方にお勧めしたい天然100%コスメを集めたお店・【Natural Dolphin】
[PR]

by aroma-salon | 2015-08-17 02:02 | 天然グッズ♪
<< ココナッツオイルプリング、試し... ココナッツオイルの選び方♪ >>